Top10

条件付き書式設定ルールの上位10項目を表示します。

メソッド

<表示切り替え>

Delete
指定された条件付き書式ルールのオブジェクトを削除します。
ModifyAppliesToRange
書式のルールが適用されるセル範囲を設定します。
SetFirstPriority
この条件付き書式ルールの優先度の値を 1 に設定して、ワークシート上の他のすべてのルールよりも前に評価されます。
SetLastPriority
この条件付き書式ルールの評価順序を設定して、ワークシート上の他のすべてのルールの後で評価します。

プロパティ

<表示切り替え>

Application
AppliesTo
書式設定ルールを適用するセル範囲を指定するRangeオブジェクトを返します。
BordersRead-only
条件付き書式ルールがTrueに評価される場合、セル罫線の書式設定を指定するBordersコレクションを返します。
CalcForRead/Write
ピボットテーブルレポートの条件付き書式を評価する方法を指定するXlCalcFor列挙の定数の1つを設定または返します。
CreatorRead-only
このオブジェクトを作成したアプリケーションを示す、32ビットの整数値を返します。
Font
条件付き書式設定ルールがTrueと評価された場合にフォント書式を指定するFontオブジェクトを返します。
InteriorRead-only
NumberFormatRead/Write
条件付き書式ルールがTrueに評価される場合、セルに適用される数値形式を設定または返します。
ParentRead-only
指定されたオブジェクトの親オブジェクトを返します。
Percent
Priority
条件付き書式ルールの優先度の値を取得、または設定します。優先度は、ワークシートに複数の条件付き書式ルールが存在する場合の評価の順序を決定します。
PTCondition
条件付き書式がピボットテーブルに適用されるかどうかを表すブール型(Boolean)の値を返します。
Rank
条件付き書式ルールのランク値の数または割合を指定して、Long値を設定または取得します。
ScopeType
XlPivotConditionScope列挙の定数の1つを取得または設定します。これは、ピボットテーブルに適用される条件付き書式の範囲を決定します。
StopIfTrue
TopBottom
Type