DELETEFILE

テキストファイルを削除します。

構文
  1. Boolean = DELETEFILE( ファイル名 )
引数
ファイル名必須
削除したいファイル名(ワイルドカードの使用可)
戻り値
TRUE
正常終了
FALSE
エラー有り

関連記事

FDELLINE (スクリプト関数)
テキストファイルの指定行を削除します。
FSO.DeleteFile メソッド
指定したファイルを削除します。
FCLOSE (スクリプト関数)
テキストファイルを閉じます。
FGET (スクリプト関数)
テキストファイルの読み込みを行います。
FOPEN (スクリプト関数)
テキストファイルを開き、ファイルIDを取得します。
FPUT (スクリプト関数)
テキストファイルの書き込みを行います。
Shell.ShellExecute メソッド
指定されたファイルに対して指定された操作を実行します。
Folder.CopyHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをフォルダにコピーします。
Folder.MoveHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをこのフォルダに移動します。
FolderItem.Verbs メソッド (Shell)
ファイルやフォルダを右クリックしたときのメニューを格納した[createLink url="/com/shell/folderitemverbs/"]を返します。
isFile (自作関数)
ファイル・ディレクトリが存在するか
FSO.CopyFile メソッド
指定したファイルを別の場所にコピーします。
Range.Clear メソッド (Excel)
オブジェクト全体(数式・文字・書式・コメント)をクリアします。
Range.ClearContents メソッド (Excel)
範囲内の数式と値をクリアします。
Range.ClearHyperlinks メソッド (Excel)
指定された範囲からすべてのハイパーリンクを削除します。
Range.ClearOutline メソッド (Excel)
指定した範囲のアウトラインを消去します。
Sheets.Delete メソッド (Excel)
シートを削除します。
deleteEmptyFolders (自作関数)
指定したフォルダより下層にある空フォルダを削除します。
Application.GetOpenFilename メソッド (Excel)
[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示します。選択したファイルのパスを戻値として返します。
File.DateCreated プロパティ (FSO)
指定したファイルが作成された日付と時刻を返します。
File.Path プロパティ (FSO)
指定したファイルのパスを返します。
File.Size プロパティ (FSO)
指定したファイルのサイズをバイト単位で返します。
getFileList (自作関数)
サブフォルダを含めたファイル一覧を配列で返します。
Range.ClearFormats メソッド (Excel)
オブジェクトの書式設定を削除します。