DELETEFILE

タグ:
構文
  1. Boolean = DELETEFILE( ファイル名 )
引数
ファイル名
削除したいファイル名(ワイルドカードの使用可)
戻り値
TRUE
正常終了
FALSE
エラー有り

関連記事

FCLOSE (スクリプト関数)
FDELLINE (スクリプト関数)
FGET (スクリプト関数)
FOPEN (スクリプト関数)
FPUT (スクリプト関数)
ShellExecute メソッド (Shell)
Folder.CopyHere メソッド (Shell)
Folder.MoveHere メソッド (Shell)
CopyFile (FileSystemObject)
CopyFileは、指定したファイルを別の場所にコピーする関数です。sourceに指定したファイルをdestinationに指定したパスにコピーします。sourceはワイルドカード文字を使うことができます。
DeleteFile (FileSystemObject)
DeleteFileメソッドは、指定した 1 つ以上のファイルを削除します。filespecに削除するファイルの名前を指定します。filespecにはワイルドカードを使用することができます。
File.DateCreated (FileSystemObject)
指定ファイルの作成日時を返します。
getFileList
サブフォルダを含めたファイル一覧を配列で返します。