Color

タグ: ,

罫線の色を取得または設定します。

構文
Double = Borders.Color
引数
戻り値

Borders オブジェクトを返す可能性のあるメソッド・プロパティ

Color ()

色の指定方法

色を16進数で指定するには「$BBGGRR」の形式で指定します。範囲は$00〜$FF(0〜255)です。

$0000FF // 青:0、緑:0、赤:255
$00FF00 // 青:0、緑:255、赤:0
$FF0000 // 青:255、緑:0、赤:0

10進数で指定する場合は、以下の式で指定します。

赤成分 + 緑成分 * 256 + 青成分 * 65536

B2セルを赤、B4セルを緑、B6セルを青に設定する。

WITH Excel
	.Range(“B2”).Borders.Color = $FF		// $0000FF
	.Range(“B4”).Borders.Color = $FF00		// $00FF00
	.Range(“B6”).Borders.Color = $FF0000
ENDWITH
結果

関連記事

Borders.ColorIndex プロパティ (Excel)
罫線または輪郭線の色を表す値を取得または設定します。
Range.Borders プロパティ (Excel)
セルの罫線を表します。
Borders.LineStyle プロパティ (Excel)
罫線または輪郭線の種類を設定します。
Borders.Parent プロパティ (Excel)
Borders.Weight プロパティ (Excel)
境界線の太さを表すXlBorderWeight値を取得または設定します。
PEEKCOLOR (スクリプト関数)
PEEKCOLOR関数は、指定座標の色を取得する関数です。
invertedColor
引数に指定したColor値の反転色を返します。
complementaryColor
引数に指定したColor値の補色を返します。
colorToRGB
Color値を赤成分、緑成分、青成分に変換し配列で返します。
RGBToColor
引数に指定された赤成分、緑成分、青成分からColor値を求めます。
colorToBGR
Color値を青成分、緑成分、赤成分に変換し配列で返します。
BGRToColor
引数に指定された青成分、緑成分、赤成分からColor値を求めます。
CHKIMG (スクリプト関数)
指定画像が画面上にあるかチェックしあればその情報を返します。