CHKBTN

ボタン類の状態を返します。

構文
  1. return = CHKBTN( ID, アイテム名, 番号, ACC指定 )
引数
ID必須
Windowを識別するID
アイテム名必須
ボタン、チェックボックス、ラジオボタンのキャプションの文字
番号省略可
同名がある場合のオブジェクト順番 (左上から数えた順番[1から指定])
ACC指定省略可
FALSE
API もしくは UIA インターフェースを使用 (デフォルト)
TRUE
アクセシビリティ用インターフェースを利用
2
アクセシビリティ用インターフェースを利用(ウィンドウをアクティブ化しない)
戻り値
-1(SByte型)
存在しないか無効状態
0(Int64型)
OFF
1(Int64型)
ON
2(Int64型)
チェックボックスにて淡色状態

記述例

ボタン・チェックボックスの状態を取得

UWSC
DIM ID = EXEC("notepad")
CLKITEM(ID, "編集\置換", ITM_MENU)

DIM ID2 = GETID("置換", "#32770")

PRINT "大文字と小文字を区別する:" + CHKBTN(ID2, "大文字と小文字を区別する")
PRINT "折り返しあり:" + CHKBTN(ID2, "折り返しあり")
PRINT "次を検索:" + CHKBTN(ID2, "次を検索")
PRINT "置換して次に:" + CHKBTN(ID2, "置換して次に")
PRINT "すべて置換:" + CHKBTN(ID2, "すべて置換")
PRINT "キャンセル:" + CHKBTN(ID2, "キャンセル")
結果
プレーンテキスト
大文字と小文字を区別する:1
折り返しあり:1
次を検索:-1
置換して次に:-1
すべて置換:-1
キャンセル:0

チェックボックスの選択状態を取得

チェックボックスにチェックが入っていれば「1」、入っていなければ「0」が返ります。

UWSC
DIM ID = GETID("アドオンを有効にする", "#32770")

PRINT CHKBTN(ID, "Java(tm) Plug-In 2 SSV Helper")
結果
プレーンテキスト
1

チェックボックスにチェックを入れる

メモ帳を起動し、置換の「大文字と小文字を区別する」と「折り返しあり」にチェックを入れます。

UWSC
DIM ID = EXEC("notepad")
CLKITEM(ID, "編集\置換", ITM_MENU)

DIM ID2 = GETID("置換", "#32770")

WHILE !CHKBTN(ID2, "大文字と小文字を区別する")
	CLKITEM(ID2, "大文字と小文字を区別する", ITM_BTN)
WEND

WHILE !CHKBTN(ID2, "折り返しあり")
	CLKITEM(ID2, "折り返しあり", ITM_BTN)
WEND

関連記事

CLKITEM (スクリプト関数)
アイテムをクリックします。
GETITEM (スクリプト関数)
キャプション文字やリスト等をすべて取得します。
GETCTLHND (スクリプト関数)
ボタン等、オブジェクトのハンドルを取得します。
SLCTBOX (スクリプト関数)
セレクトボックスを表示します。
ACW (スクリプト関数)
ウィンドウの状態を変更、またはアクティブにします。
CTRLWIN (スクリプト関数)
ウィンドウの状態を制御します。
GETALLWIN (スクリプト関数)
全ウィンドウのIDを取得します。
GETID (スクリプト関数)
指定したウィンドウのIDを取得します。第一引数に取得したいウィンドウのタイトル(一部でも可)を指定します。
GETSLIDER (スクリプト関数)
スライダー(トラックバー、スクロールバー)の値を取得します。
GETSTR (スクリプト関数)
文字列を取得します。
HNDTOID (スクリプト関数)
ハンドル値 をIDをに変換します。
IDTOHND (スクリプト関数)
IDを ハンドル値 に変換します。
MOUSEORG (スクリプト関数)
マウス座標を相対座標にする、 またはマウスとキー情報を直接ウィンドウへ送ります。
SETSLIDER (スクリプト関数)
スライダー(トラックバー、スクロールバー)の値を設定します。
STATUS (スクリプト関数)
ウィンドウの各種状態を返します。
SCKEY (スクリプト関数)
ショートカットキーを実行します。
SENDSTR (スクリプト関数)
文字列を送信します。