CHKBTN

ボタン類の状態を返します。

構文
  1. return = CHKBTN( ID, アイテム名, [番号, ACC指定] )
引数
ID
Windowを識別するID
アイテム名
ボタン、チェックボックス、ラジオボタンのキャプションの文字
番号
同名がある場合のオブジェクト順番 (左上から数えた順番[1から指定])
ACC指定
FALSE
API もしくは UIA インターフェースを使用 (デフォルト)
TRUE
アクセシビリティ用インターフェースを利用
2
アクセシビリティ用インターフェースを利用(ウィンドウをアクティブ化しない)
戻り値
-1(SByte型)
存在しないか無効状態
0(Int64型)
OFF
1(Int64型)
ON
2(Int64型)
チェックボックスにて淡色状態

記述例

ボタン・チェックボックスの状態を取得

DIM ID = EXEC(“notepad”)
CLKITEM(ID, “編集\置換”, ITM_MENU)

DIM ID2 = GETID(“置換”, “#32770”)

PRINT “大文字と小文字を区別する:” + CHKBTN(ID2, “大文字と小文字を区別する”)
PRINT “折り返しあり:” + CHKBTN(ID2, “折り返しあり”)
PRINT “次を検索:” + CHKBTN(ID2, “次を検索”)
PRINT “置換して次に:” + CHKBTN(ID2, “置換して次に”)
PRINT “すべて置換:” + CHKBTN(ID2, “すべて置換”)
PRINT “キャンセル:” + CHKBTN(ID2, “キャンセル”)
結果
大文字と小文字を区別する:1
折り返しあり:1
次を検索:-1
置換して次に:-1
すべて置換:-1
キャンセル:0

チェックボックスの選択状態を取得

チェックボックスにチェックが入っていれば「1」、入っていなければ「0」が返ります。

DIM ID = GETID(“アドオンを有効にする”, “#32770”)

PRINT CHKBTN(ID, “Java(tm) Plug-In 2 SSV Helper”)
結果
1

チェックボックスにチェックを入れる

メモ帳を起動し、置換の「大文字と小文字を区別する」と「折り返しあり」にチェックを入れます。

DIM ID = EXEC(“notepad”)
CLKITEM(ID, “編集\置換”, ITM_MENU)

DIM ID2 = GETID(“置換”, “#32770”)

WHILE !CHKBTN(ID2, “大文字と小文字を区別する”)
	CLKITEM(ID2, “大文字と小文字を区別する”, ITM_BTN)
WEND

WHILE !CHKBTN(ID2, “折り返しあり”)
	CLKITEM(ID2, “折り返しあり”, ITM_BTN)
WEND

関連記事

CLKITEM (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウのアイテムをクリックします。アイテムに指定できるものにはボタン・チェックボックス・ラジオボタン・リストボックス・コンボボックス・タブコントロール・メニュー・ツリービュー・リストビュー・ツールバー・リンクがあります。
GETITEM (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウのキャプション文字やリストなどを取得すします。取得した情報は配列変数のALL_ITEM_LIST[ ]に格納されます。戻値は取得した数でInteger型です。
GETCTLHND (スクリプト関数)
ボタン等、オブジェクトのハンドルを取得します。
SLCTBOX (スクリプト関数)
セレクトボックスを表示します。第一引数に選択肢の種別、第二引数にタイムアウト時間、第三引数が数値ならx座標、第四引数にy座標、第三引数が数値でなければメッセージ、メッセージの次の引数に項目を指定します。
ACW (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウの位置・サイズを変更します。IDのみを指定した場合、そのウィンドウをアクティブにします。
CTRLWIN (スクリプト関数)
ウィンドウの状態を操作します。ウィンドウを終了、アクティブ化、表示・非表示、最大化・最小化などができます。
GETALLWIN (スクリプト関数)
全ウィンドウのIDを取得します。
GETID (スクリプト関数)
指定したウィンドウのIDを取得します。第一引数に取得したいウィンドウのタイトル(一部でも可)を指定します。UWSCでウィンドウを操作するのによく使う関数です。
GETSLIDER (スクリプト関数)
スライダー(トラックバー、スクロールバー)の値を取得します。
GETSTR (スクリプト関数)
引数に指定したIDのウィンドウの文字列を取得します。取得した文字列を返します。
HNDTOID (スクリプト関数)
引数に指定したハンドル値をIDに変換して返します。IDをハンドル値に変換するにはIDTOHND関数を使います。
IDTOHND (スクリプト関数)
引数に指定したIDをハンドル値に変換して返します。ハンドル値をIDに変換するにはHNDTOID関数を使います。
MOUSEORG (スクリプト関数)
マウス座標を相対座標にする、 またはマウスとキー情報を直接ウィンドウへ送ります。
SETSLIDER (スクリプト関数)
スライダー(トラックバー、スクロールバー)の値を設定します。
STATUS (スクリプト関数)
ウィンドウの各種状態を取得します。タイトル・クラス名・X座標・Y座標・幅・高さなどを取得することができます。
SCKEY (スクリプト関数)
ショートカットキーを実行します。
SENDSTR (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウに文字列を送信します。キー入力をする場合はKBD関数を使います。