getSerialTime

UWSC時間からシリアル値を取得します。

構文
  1. Double = getSerialTime( uwscTime )
引数
uwscTime
GETTIME関数で取得した時間
戻値
シリアル値

プログラム

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   uwscTime : GETTIME関数で取得した時間 
// 【戻値】
//   シリアル値 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION getSerialTime(uwscTime)
	RESULT = (uwscTime - GETTIME(0, "1899/12/30 00:00:00")) / 86400
FEND

解説

  1. 2行目
    	RESULT = (uwscTime - GETTIME(0, "1899/12/30 00:00:00")) / 86400
    「1899/12/30 00:00:00」から変数uwscTimeまでの日数

1900年うるう年問題

Excelでは1900年のうるう年問題があり、シリアル値60以下の数値にてExcelとUWSCでは結果が異なりますのでご注意ください。

シリアル値 Excel日付 UWSC日付
1 1900/01/01 1899/12/31
2 1900/01/02 1900/01/01
3 1900/01/03 1900/01/02
58 1900/02/27 1900/02/26
59 1900/02/28 1900/02/27
60 1900/02/29 1900/02/28
61 1900/03/01 1900/03/01
62 1900/03/02 1900/03/02
63 1900/03/03 1900/03/03

関連記事

uwscToSerial
UWSC時間をシリアル値に変換します。
serialToUwsc
シリアル値をUWSC時間に変換します。シリアル値は、1日(24時間)を1.0とし、1日ごとに1ずつ増えます。整数部分は日付を、小数部分は時刻を表します。Windows版では、1900年日付システムを適用しており、1900年1月1日の午前0時を起点として、シリアル値は1から始まります。
getUNIXTime
UWSC時間からUNIX時間に変換します。
uwscToUNIX
UWSC時間をUNIX時間に変換します。
serialToUNIX
シリアル値をUNIX時間に変換します。
UNIXToUwsc
UNIX時間をUWSC時間に変換します。
UNIXToSerial
UNIX時間をシリアル値に変換します。
timeValue
時刻を表す文字列をシリアル値に変換します。結果は、0以上1未満の値を取ります。引数に日付が含まれる場合日付は無視され、時刻情報のみ変換されます。
GETTIME (スクリプト関数)
GETTIMEは日時を取得する関数です。第二引数に指定された基準日から第一引数に指定した日数を加算した値を返します。戻値は2000年1月1日からの秒数です。関数実行後特殊変数に値がセットされ、その特殊変数から日付情報を取得できます。
getHour
指定された日時の「時」を0〜23の間の数値で返します。日付のみ指定された場合は「00」が返ります。
getMinute
指定された日時の「分」を0〜59の間の数値で返します。日付のみ指定された場合は「00」が返ります。
getSecond
指定された日時の「秒」を0〜59の間の数値で返します。日付のみ指定された場合は「00」が返ります。
SetTime メソッド (Shell)
「設定\時刻と言語\日付と時刻」を開きます。これは、タスクバーの通知領域にある時計を右クリックして「日付と時刻の調整」を開くのと同じ効果があります。
Hour
シリアル値 から「時」を求めます。
Minute
シリアル値 から「分」を求めます。
Second
シリアル値 から「秒」を求めます。
dateValue
dateValue関数は、日付形式の文字列をシリアル値に変換する関数です。