serialToUNIXシリアルトゥーユニックス

本ページには広告が含まれています。

シリアル値をUNIX時間に変換します。

構文
  1. Double = serialToUNIX( serialTime )
引数
serialTime 必須
シリアル値
戻り値
UNIX時間

プログラム

UWSC
//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   serialTime : シリアル値 
// 【戻り値】
//   
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION serialToUNIX(serialTime)
	RESULT = serialTime * 86400 - 2209194000
FEND

シリアル値

シリアル値とは1900年1月1日を1とし、その日からの通算日数と時刻を表す値のことです。1日毎に1ずつ増え、小数部分が時刻を表します。

日付

  1. 1900年1月1日152.png1
  2. 1900年1月2日152.png2
  3. 1900年1月3日152.png3
  4. 2000年1月1日152.png36526
  5. 2020年1月1日152.png43831

時刻

シリアル値で時刻は小数部分で表されます。

1日で1増えるので、1時間は1/24で0.41666666…、1分は1/1440で0.00069444444…、1秒は1/86400で0.0000115740740…増えることになります。

時刻hh:nn:ssのシリアル値は以下の式で求めることができます。

24時間=86400秒。時分秒を秒単位に直して86400で割る。

1時間=3600秒、1分=60秒。

\[ \frac{hh \times 3600 + nn \times 60 + ss}{86400} \]
  1. 0:0:0152.png0.0
  2. 3:0:0152.png0.125
  3. 6:0:0152.png0.0.25
  4. 12:0:0152.png0.5
  5. 21:0:0152.png0.875
  6. 23:59:59152.png0.0999988425925926
  7. 24:0:0152.png0.0

関連記事

UNIXToSerial (自作関数)
UNIX時間 を シリアル値 に変換します。
now (自作関数)
現在の日時の シリアル値 を返します。
getSerialTime (自作関数)
UWSC時間 から シリアル値 を取得します。
getUNIXTime (自作関数)
UWSC時間 から UNIX時間 を取得します。
uwscToSerial (自作関数)
UWSC時間 を シリアル値 に変換します。
uwscToUNIX (自作関数)
UWSC時間 を UNIX時間 に変換します。
serialToUwsc (自作関数)
シリアル値 を UWSC時間 に変換します。
UNIXToUwsc (自作関数)
UNIX時間UWSC時間に変換します。
Hour (自作関数)
シリアル値 からを求めます。
Minute (自作関数)
シリアル値 からを求めます。