Application.Workbooksワークブックス プロパティ

本ページには広告が含まれています。

開いているすべてのワークブックを表すWorkbooks オブジェクトを返します。

構文
  1. Workbooks = Application.Workbooks
引数
戻り値

Application オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

Application.Workbooks プロパティ
Microsoft Excelアプリケーションを表すApplication オブジェクトを返します。
Borders.Application プロパティ
Workbooks オブジェクトが属するApplication オブジェクトを返します。

プログラム実行例

ワークブックの数と名前を取得

UWSC
DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE

FOR i = 1 TO 3
	Excel.Workbooks.Add()
NEXT

DIM Workbooks = Excel.Application.Workbooks

PRINT "ブック数:" + Excel.Workbooks.Count
PRINT "-----"

FOR Workbook IN Workbooks
	PRINT "ブック名:" + Workbook.Name
NEXT

SLEEP(3.00)

Excel.Application.Quit
結果
プレーンテキスト
ブック数:3
-----
ブック名:Book1
ブック名:Book2
ブック名:Book3
使用関数

関連記事

XLOPEN関数 (スクリプト関数)
ExcelまたはOOoのCalcを起動。
PageSetup オブジェクト
Application オブジェクト
Border オブジェクト
Characters オブジェクト
XLSETDATA関数 (スクリプト関数)
Excelのセルに値を代入します。
XLSHEET関数 (スクリプト関数)
Charts オブジェクト
Comment オブジェクト
FullSeriesCollection オブジェクト