Folder.ParseNameパースネーム メソッド

本ページには広告が含まれています。

指定されたアイテムのFolderItem オブジェクトを作成し返します。

存在しなければNOTHINGを返します。

構文
  1. FolderItem = Folder.ParseName( bName )
引数
bName (BSTR必須
項目の名前を指定する文字列。
戻り値
FolderItem オブジェクト

Folder オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

Shell.BrowseForFolder メソッド
フォルダ選択のダイアログボックスを表示し、選択したフォルダのFolderオブジェクトを返す。
Folder.ParseName メソッド
FolderItemオブジェクトがフォルダの場合、Folder オブジェクトを返します。

使い方

UWSC
CONST ssfDesktop = 0

DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM Folder = Shell.NameSpace(ssfDesktop)
DIM FolderItem = Folder.ParseName("a.txt")

プログラム実行例

指定したファイルを削除する確認メッセージを表示

UWSC
CONST ssfDesktop = 0

DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM Folder = Shell.NameSpace(ssfDesktop)
DIM FolderItem = Folder.ParseName("D:\Desktop\sample.txt")

FolderItem.InvokeVerb("delete")
使用関数

指定したファイルを開く

UWSC
CONST ssfDesktop = 0

DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM Folder = Shell.NameSpace(ssfDesktop)

DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
DIM path = "D:\Desktop\sample.txt"
IF FSO.FileExists(path) = FALSE THEN EXIT

DIM FolderItem = Folder.ParseName(path)
FolderItem.InvokeVerb()
使用関数

プロパティの項目を取得

UWSC
DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")

DIM path = "C:\Users\akita\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories\Internet Explorer.lnk"
DIM Folder = Shell.NameSpace(FSO.GetParentFolderName(path))

HASHTBL iColumn
 
FOR i = 0 TO 350
	iColumn[Folder.GetDetailsOf(EMPTYPARAM, i)] = i	
NEXT

FOR i = 0 TO LENGTH(iColumn)
	iColumn[iColumn[i, HASH_VAL]] = iColumn[i, HASH_KEY]
NEXT

DIM FolderItem = Folder.ParseName(FSO.GetFileName(path))
DIM array[] = "名前", "項目の種類", "ファイルの説明", "フォルダーのパス", "サイズ", "作成日時", "更新日時", "アクセス日時", "属性"

FOR i = 0 TO UBound(array)
	PRINT array[i] + ","+ Folder.GetDetailsOf(FolderItem, iColumn[array[i]])
NEXT
結果
CSV
名前,               Internet Explorer
項目の種類,         ショートカット
ファイルの説明,     
フォルダーのパス,   C:\ユーザー\akita\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\プログラム\Windows アクセサリ
サイズ,             1.31 KB
作成日時,           2021/02/04 12:46
更新日時,           2022/05/18 02:24
アクセス日時,       2023/04/24 00:29
属性,               A
使用関数
解説

右クリックメニュー取得

UWSC
CONST ssfDesktop = 0

DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM Folder = Shell.NameSpace(ssfDesktop)
DIM FolderItem = Folder.ParseName("log.txt")
DIM FolderItemVerbs = FolderItem.Verbs

FOR FolderItemVerb IN FolderItemVerbs
	PRINT FolderItemVerb.Name
NEXT
結果
プレーンテキスト
開く(&O)
印刷(&P)
編集(&E)

ALZipで圧縮(&L)
管理者権限で圧縮(&Y)
"log.zip" で圧縮(&Q)
コピー(&C)
削除(&D)
共有

以前のバージョンの復元(&V)

切り取り(&T)
コピー(&C)
ショートカットの作成(&S)
削除(&D)
名前の変更(&M)
プロパティ(&R)
使用関数

指定したファイルがショートカットかを取得

UWSC
DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM Folder = Shell.NameSpace("C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\UWSC Pro\")
DIM FolderItem = Folder.ParseName("UWSC Pro.lnk")

PRINT FolderItem.IsLink()
結果
プレーンテキスト
True
使用関数
解説

デスクトップにChromeのショートカットを作成

デスクトップにGoogle Chromeで[createLink url="https://google.co.jp" title="https://google.co.jp"]をシークレットモードで起動するショートカットを作成します。

UWSC
CONST ssfDesktop = 0

DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
DIM WshShell = CREATEOLEOBJ("WScript.Shell")

DIM Folder2 = Shell.NameSpace(ssfDesktop)
DIM path = Folder2.Self.Path + "\Chrome.lnk"
DIM WshShortcut = WshShell.CreateShortcut(path)

WITH WshShortcut
	DIM chromePath = "C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe"
	.Description = "Chromeをシークレットモードで起動します。"
	.Hotkey = "Ctrl+Shift+C"
	.IconLocation = chromePath + ",7"
	.TargetPath = chromePath
	.WindowStyle = 3
	.Save
ENDWITH

Folder = Shell.NameSpace(FSO.GetParentFolderName(path))
DIM FolderItem = Folder.ParseName(FSO.GetFileName(path))
DIM ShellLinkObject = FolderItem.Getlink()
DIM Args[] = "--incognito", "https://google.co.jp"

WITH ShellLinkObject
	.Arguments = JOIN(Args)
	.Save
ENDWITH
結果
Chromeのプロパティ.png
使用関数
解説

関連記事

Shell.Explore メソッド
指定したディレクトリをエクスプローラで開きます。
Folder オブジェクト
シェルフォルダを表します。
Folder.CopyHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをフォルダにコピーします。
Folder.GetDetailsOf メソッド (Shell)
フォルダ内のアイテムに関する詳細を取得します。
Folder.MoveHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをこのフォルダに移動します。
Folder.ParentFolder プロパティ (Shell)
指定したフォルダの親のFolder オブジェクトを返します。
FileSystemObject オブジェクト
Folder オブジェクト
Folder オブジェクト
フォルダのすべてのプロパティにアクセスできます。
Folder.Drive プロパティ (FSO)
指定したフォルダがあるドライブのドライブ文字を返します。