Add

新しいワークシート、グラフシート、またはマクロシートを作成します。新しいワークシートがアクティブシートになります。

構文
  1. Worksheets = Worksheets.Add( Before, After, Count, Type )
引数
Before省略可
指定したオブジェクトのシートの直前に、新しいワークシートを追加します。
After省略可
指定したオブジェクトのシートの直後に、新しいワークシートを追加します。
Count省略可
追加するシートの数を指定します。デフォルト:1
Type省略可
ワークシートの種類を指定します。使用できる定数は、 XlSheetTypeクラスの xlWorksheet 、 xlChart 、 xlExcel4MacroSheet 、 xlExcel4IntlMacroSheet のいずれかです。デフォルト:xlWorksheet
戻り値
新しいワークシート、グラフ、またはマクロ シートを表すExcel.Worksheets オブジェクト

Worksheets オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

Worksheets.Add メソッド
新しいワークシート、グラフシート、またはマクロシートを作成します。

定数一覧

XlSheetType 列挙

名前説明
xlWorksheet-4167ワークシート
xlDialogSheet-4116ダイアログ シート
xlChart-4109Chart
xlExcel4MacroSheet3Excel バージョン 4 マクロ シート
xlExcel4IntlMacroSheet4Excel バージョン 4 International Macro シート
CONST xlWorksheet = -4167
CONST xlDialogSheet = -4116
CONST xlChart = -4109
CONST xlExcel4MacroSheet = 3
CONST xlExcel4IntlMacroSheet = 4

ブックの先頭にシートを追加

Excel.Worksheets.Add()

ブックの末尾にシートを追加

WITH Excel
	.Worksheets.Add(EMPTYPARAM, .Worksheets(.Worksheets.Count))
ENDWITH

追加したシートの名前を出力

WITH Excel
	DIM Worksheets = .Worksheets.Add()
	PRINT Worksheets.Name
ENDWITH

参考文献

  1. Worksheets.Add メソッド (Excel) | Microsoft Docs

関連記事

Sheets.Add メソッド (Excel)
新しいワークシート・グラフ・またはマクロ シートを作成します。新しいワークシートがアクティブ シートになります。
Excel.Worksheet オブジェクト
ワークシートを表します。
Worksheet.Calculate メソッド (Excel)