Accounts.Itemアイテム メソッド

本ページには広告が含まれています。

Indexで指定されたAccount オブジェクトを返します。

構文
  1. Account = Accounts.Item( Index )
引数
Index (Integer,String)省略可
1から始まる数値、もしくはAccounts.Item メソッドが示す文字列
戻り値
Account オブジェクト

使い方

Index1の電子メールアカウントを取得し、そのアカウントの表示名を出力。

UWSC
CONST olMailItem = 0

DIM Outlook = CREATEOLEOBJ("Outlook.Application")
DIM MailItem = Outlook.CreateItem(olMailItem)

PRINT Outlook.Session.Accounts.Item(1).DisplayName
結果
プレーンテキスト
*****@yahoo.co.jp

Outlook.Itemの引数に指定したメールアドレスのAccount オブジェクトを取得し、表示名ユーザー名を出力。結果は個人情報なので隠しています。

UWSC
CONST olMailItem = 0

DIM Outlook = CREATEOLEOBJ("Outlook.Application")
DIM Accounts = Outlook.Session.Accounts

DIM Account = Accounts.Item("*****@ezweb.ne.jp")

WITH Account
	PRINT .DisplayName
	PRINT .Username
ENDWITH
結果
プレーンテキスト
*****@ezweb.ne.jp
<ユーザー名>

Accounts.Item メソッドが呼び出されたときにMailItem オブジェクトの送信に使用するアカウントをIndex1のアカウントに設定します。

UWSC
CONST olMailItem = 0

DIM Outlook = CREATEOLEOBJ("Outlook.Application")
DIM MailItem = Outlook.CreateItem(olMailItem)

MailItem.SendUsingAccount = Outlook.Session.Accounts.Item(1)

プログラム実行例

すべての電子メールアカウントを取得(Outlook)

Outlookに登録されているすべての電子メールアカウントの表示名を取得します。

UWSC
DIM Outlook = CREATEOLEOBJ("Outlook.Application")
DIM Application = Outlook.Application
DIM NameSpace = Application.Session
DIM Accounts = NameSpace.Accounts

FOR Account IN Accounts
	PRINT Account.DisplayName
NEXT
結果
プレーンテキスト
*****@yahoo.co.jp
*****@ezweb.ne.jp
*****@gmail.com
使用関数

関連記事

Account オブジェクト
Accountオブジェクトは、現在のプロファイルに定義されているアカウントを表します。
Accounts オブジェクト
現在のプロファイルで利用できるアカウントを表すAccountオブジェクトのセットが含まれています。
Application オブジェクト
Outlookアプリケーション全体を表します。
AppointmentItem オブジェクト
Folder オブジェクト
Folders オブジェクト
Items オブジェクト
MailItem オブジェクト
NameSpace オブジェクト
Outlookのメールや予定表、連絡先といった様々なデータにアクセスすることができます。
Recipient オブジェクト