Itemsアイテムス オブジェクト

本ページには広告が含まれています。

Items オブジェクト を返すメソッド・プロパティ

Items.Restrict メソッド
Items コレクションにフィルタを適用し、フィルタに一致する元のすべてのアイテムを含む新しいItems コレクションを返します。

メソッド

<表示切り替え>

GetLast
Itemsコレクションから最後の要素を取得します。
Restrict
Items コレクションにフィルタを適用し、フィルタに一致する元のすべてのアイテムを含む新しいItems コレクションを返します。
Sort
指定されたプロパティのコレクションを並べ替えます。

プロパティ

<表示切り替え>

プログラム実行例

指定期間に受信したメールを取得(Outlook)

UWSC
CONST olFolderInbox = 6

DIM Outlook = CREATEOLEOBJ("Outlook.Application")
DIM NameSpace = Outlook.GetNameSpace("MAPI")
DIM Folder = NameSpace.GetDefaultFolder(olFolderInbox)
DIM Items = Folder.Items

DIM start = "2022/01/01"
DIM end = "2022/01/31"

Items = Items.Restrict("[ReceivedTime] >= '" + start + "' AND [ReceivedTime] < '" + end + "'")

FOR MailItem IN Items
	WITH MailItem
		PRINT "受信日時:<#TAB>" + .ReceivedTime
		PRINT "件名:<#TAB><#TAB>" + .Subject
		PRINT "----------"
	ENDWITH
NEXT
使用関数

過去7日間に受信した迷惑メールの受信日時とメールアドレスを取得

UWSC
DIM Outlook = CREATEOLEOBJ("Outlook.Application")
DIM NameSpace = Outlook.GetNameSpace("MAPI")
DIM Folders = NameSpace.Folders("Yahoo!_新").Folders("迷惑メール")
DIM startDate = dateAdd("d", -7, today())
DIM endDate = dateAdd("d", -1, today())
DIM Items = Folders.Items.Restrict("[ReceivedTime] >= '" + startDate + "' AND [ReceivedTime] < '" + endDate + "'")
DIM count = Items.Count

Items.Sort("受信日時")

FOR Index = 1 TO count
	WITH Items.Item(Index)
		PRINT .ReceivedTime + "<#TAB>" + .SenderEmailAddress
	ENDWITH
NEXT
使用関数
解説

参考文献

  1. Items オブジェクト (Outlook) | Microsoft Learn

関連記事

Account オブジェクト
Accountオブジェクトは、現在のプロファイルに定義されているアカウントを表します。
Accounts オブジェクト
現在のプロファイルで利用できるアカウントを表すAccountオブジェクトのセットが含まれています。
Application オブジェクト
Outlookアプリケーション全体を表します。
AppointmentItem オブジェクト
新しい予定を表すAppointmentItemオブジェクトを作成します。
Folder オブジェクト
Folders オブジェクト
MailItem オブジェクト
メールメッセージを表します。
NameSpace オブジェクト
Outlookのメールや予定表、連絡先といった様々なデータにアクセスすることができます。
Recipient オブジェクト
TaskItem オブジェクト