Items.GetLastゲットラスト メソッド

本ページには広告が含まれています。

Itemsコレクションから最後の要素を取得します。

最初の要素を取得するには、Items.GetLast メソッドを使います。

構文
  1. Item = Items.GetLast
引数
戻り値

Items オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

Items.Restrict メソッド
Items コレクションにフィルタを適用し、フィルタに一致する元のすべてのアイテムを含む新しいItems コレクションを返します。

使い方

既定フォルダにあるメールの最新のMailItem オブジェクトを取得。

受信日時を昇順(古い順)で並び替えた最後の要素なので、最新のメールとなります。

UWSC
CONST olFolderInbox = 6

DIM Outlook = CREATEOLEOBJ("Outlook.Application")
DIM NameSpace = Outlook.GetNameSpace("MAPI")
DIM Folder = NameSpace.GetDefaultFolder(olFolderInbox)
DIM Items = Folder.Items
Items.Sort("[ReceivedTime]", FALSE)
DIM MailItem = Items.GetLast

プログラム実行例

既定フォルダの最新のメールを取得

既定フォルダで受信した最新のメールを取得し、差出人名件名受信日時を出力します。

UWSC
CONST olFolderInbox = 6

DIM Outlook = CREATEOLEOBJ("Outlook.Application")
DIM NameSpace = Outlook.GetNameSpace("MAPI")
DIM Folder = NameSpace.GetDefaultFolder(olFolderInbox)

DIM Items = Folder.Items
Items.Sort("[ReceivedTime]", FALSE)
DIM MailItem = Items.GetLast

WITH MailItem
	PRINT "差出人名," + .SenderName
	PRINT "件名," + .Subject
	PRINT "受信日時," + .ReceivedTime
ENDWITH
使用関数
解説

関連記事

Account オブジェクト
Accountオブジェクトは、現在のプロファイルに定義されているアカウントを表します。
Accounts オブジェクト
現在のプロファイルで利用できるアカウントを表すAccountオブジェクトのセットが含まれています。
Application オブジェクト
Outlookアプリケーション全体を表します。
AppointmentItem オブジェクト
新しい予定を表すAppointmentItemオブジェクトを作成します。
Folder オブジェクト
Folders オブジェクト
Items オブジェクト
MailItem オブジェクト
メールメッセージを表します。
NameSpace オブジェクト
Outlookのメールや予定表、連絡先といった様々なデータにアクセスすることができます。
Recipient オブジェクト