STRCONV関数

本ページには広告が含まれています。

文字列を大文字・小文字、ひらがな・カタカナ、全角・半角の相互変換を行います。

構文
  1. UString = STRCONV( 文字列, 変換指定 )
引数
文字列 (String)必須
変換する文字列
変換指定 (#strconv必須
SC_LOWERCASE
小文字
SC_UPPERCASE
大文字
SC_HIRAGANA
ひらがな
SC_KATAKANA
カタカナ
SC_HALFWIDTH
半角文字
SC_FULLWIDTH
全角文字
戻り値
変換された文字列

使い方

小文字に変換

第一引数に指定された文字列を小文字に変換します。

UWSC
PRINT STRCONV("ABC", SC_LOWERCASE)
結果
プレーンテキスト
abc

大文字に変換

第一引数に指定された文字列を大文字に変換します。

UWSC
PRINT STRCONV("abc", SC_UPPERCASE)
結果
プレーンテキスト
ABC

ひらがなに変換

第一引数に指定された文字列をひらがなに変換します。

UWSC
PRINT STRCONV("カタカナ", SC_HIRAGANA)
結果
プレーンテキスト
かたかな

カタカナに変換

第一引数に指定された文字列をカタカナに変換します。

UWSC
PRINT STRCONV("ひらがな", SC_KATAKANA)
結果
プレーンテキスト
ヒラガナ

半角文字に変換

第一引数に指定された文字列を半角文字に変換します。

UWSC
PRINT STRCONV("UWSC", SC_HALFWIDTH)
結果
プレーンテキスト
UWSC

全角文字に変換

第一引数に指定された文字列を全角文字に変換します。

UWSC
PRINT STRCONV("UWSC", SC_FULLWIDTH)
結果
プレーンテキスト
UWSC

半角カタカナに変換

第一引数に指定された文字列を半角カタカナに変換します。まずカタカナに変換してから、さらに半角文字に変換します。

UWSC
PRINT STRCONV(STRCONV("ひらがな", SC_KATAKANA), SC_HALFWIDTH)
結果
プレーンテキスト
ヒラガナ

プログラム実行例

クリップボードの文字列を小文字にして返す

UWSC
DIM str = STRCONV(GETSTR(0), SC_LOWERCASE)
SENDSTR(0, str)
PRINT str
使用関数
解説

クリップボードの文字列を大文字にして返す

UWSC
DIM str = STRCONV(GETSTR(0), SC_UPPERCASE)
SENDSTR(0, str)
PRINT str
使用関数
解説

関連記事

BETWEENSTR関数 (スクリプト関数)
指定文字列間の文字列を返します。
LENGTH関数 (スクリプト関数)
IDTOHND関数 (スクリプト関数)
引数に指定したIDをハンドル値に変換して返します。ハンドル値をIDに変換するにはHNDTOID関数を使います。
radToDeg (自作関数)
弧度法 から 度数法 に変換します。
degToRad (自作関数)
度数法 から 弧度法 に変換します。
hexToDec (自作関数)
16進数を10進数に変換します。負数・小数の値にも対応しています。
decToHex (自作関数)
10進数を16進数に変換します。負数・小数の値にも対応しています。
binToDec (自作関数)
2進数を10進数に変換します。負数・小数の値にも対応しています。
binToHex (自作関数)
2進数を16進数に変換します。負数・小数の値にも対応しています。
hexToBin (自作関数)
16進数を2進数に変換します。負数・小数の値にも対応しています。