LENGTHレングス関数

本ページには広告が含まれています。

文字数もしくは配列サイズを返します。配列のサイズを求めるときはLENGTHBだとエラーが発生します。

構文
  1. LongWord = LENGTH( 文字列 )
  2. LongWord = LENGTHB( 文字列 )
  3. LongWord = LENGTHS( 文字列 )
引数
文字列 (String,Array)必須
数える文字列(もしくは配列変数)
戻り値

文字数 (配列変数時は配列サイズを返す)

ANSI(バイト)処理の場合は LENGTHB

サロゲートペア 1文字を2でカウント LENGTHS

使い方

文字列の文字数を取得

引数に指定した文字列の文字数を数えます。「こんにちは」は5文字なので「5」、「Hello!」は6文字なので「6」を返します。

UWSC
PRINT LENGTH("こんにちは")
PRINT LENGTH("Hello!")
結果
プレーンテキスト
5
6

文字列のバイト数を取得

文字列のバイト数を取得するにはLENGTHB関数を使います。半角1文字=1Byte、全角1文字=2Byteです。「こんにちは」は全角5文字なので「10」、「Hello!」は半角6文字なので「6」を返します。

UWSC
PRINT LENGTHB("こんにちは")
PRINT LENGTHB("Hello!")
結果
プレーンテキスト
10
6

サロゲートペア文字

LENGTH関数では文字数を数えるので「𠮷野家」で3文字なので「3(=1+1+1)」、LENGTHB関数はバイト数を数えるので全角3文字なので「6(=3×2)」、LENGTHSはサロゲートペア文字の「𠮷」を2、それ以外は1で数えるので「4(=2+1+1)」となります。

UWSC
PRINT LENGTH("𠮷野家")
PRINT LENGTHB("𠮷野家")
PRINT LENGTHS("𠮷野家")
結果
プレーンテキスト
3
6
4

プログラム実行例

入力された文字列の計算をする

UWSC
HASHTBL variable
DIM array[-1]
DIM res = EMPTY

WHILE TRUE
	DIM %val% = ""
	FOR i = 0 TO LENGTH(variable) - 1
		%val% = %val% + variable[i, HASH_KEY] + "=" + variable[i, HASH_VAL] + " "
	NEXT
	DIM str = INPUT("計算式を入力してください。<#CR><#CR>変数<#TAB>" + %val% + "<#CR>結果<#TAB>" + res)
	IFB POS("=", str)  THEN
		DIM arr = SPLIT(str, "=")
		TRY
			variable[arr[0]] = EVAL(arr[1])
		EXCEPT
			FUKIDASI(TRY_ERRMSG)
			CONTINUE
		ENDTRY
	ENDIF
	FUKIDASI()
	res = EVAL(REPLACE(str, "=", ":="))
	IF res = EMPTY THEN BREAK
WEND
結果
プレーンテキスト
INPUT:10>a=2
INPUT:10>b=3
INPUT:10>a*b
6

ルートの中を簡単にする

\(\sqrt{450000}\)の450000を素因数分解してルートの外に出せる値を外に出す。
UWSC
HASHTBL root

DIM num = 450000
DIM arr = primeFactorization(num)

FOR item IN arr
	root[item] = root[item] + 1
NEXT

DIM a = 1, b = 1

FOR n = 0 TO LENGTH(root) - 1
	IF INT(root[n, HASH_VAL] /  2) <> 0 THEN a = a * POWER(root[n, HASH_KEY], INT(root[n, HASH_VAL] /  2))
	IF (root[n, HASH_KEY] * (root[n, HASH_VAL] MOD 2)) <> 0 THEN b = b * (root[n, HASH_KEY] * (root[n, HASH_VAL] MOD 2))
NEXT

PRINT "√(" + num + ")=" + IIF(a <> 1, a, "") + IIF(b <> 1, "√(" + b + ")", "")
結果
プレーンテキスト
√(450000)=300√(5)
使用関数
解説

ポップアップメニューで選択した項目を出力(サブメニューあり)

UWSC
DIM menu[] = "項目1", "項目2", "{項目2-1", "項目2-2}", "項目3", "{項目3-1", "項目3-2", "項目3-3}", "項目4", "項目5"
DIM res = POPUPMENU(menu)

// サブメニューとして指定する際に必要な「{ }」を削除
IF COPY(menu[res], 1, 1) = "{" THEN menu[res] = COPY(menu[res], 2)
IF COPY(menu[res], LENGTH(menu[res], 1)) = "}" THEN menu[res] = COPY(menu[res], 1, LENGTH(menu[res] - 1))

PRINT menu[res]

オブジェクトを作成したアプリケーションを示す数値を取得

UWSC
DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE
Excel.Workbooks.Add()

DIM dec = Excel.Worksheets.Creator
DIM hex = decToHex(dec)

DIM str = ""

FOR i = 1 TO LENGTH(hex) STEP 2
	str = str + CHR("$" + COPY(hex, i, 2))
NEXT

PRINT "32bit," + dec
PRINT "32bit(16進数),0x" + hex
PRINT "文字," + str

Excel.Quit
結果
CSV
32bit,           1480803660
32bit(16進数),   0x5843454C
文字,            XCEL
使用関数

指定期間のメールを日毎に集計(Outlook)

UWSC
CONST olFolderIndex = 6

DIM Outlook = CREATEOLEOBJ("Outlook.Application")
DIM NameSpace = Outlook.GetNameSpace("MAPI")
DIM Folder = NameSpace.GetDefaultFolder(olFolderIndex)
DIM Items = Folder.Items

Items = Items.Restrict("[ReceivedTime] >= '2020/12/01' AND [ReceivedTime] < '2020/12/31'")

HASHTBL dates = HASH_SORT

FOR MailItem IN Items
	DIM datetime = MailItem.ReceivedTime
	GETTIME(0, datetime)
	DIM date = G_TIME_YY4 + "/" + G_TIME_MM2 + "/" + G_TIME_DD2
	dates[date] = dates[date] + 1 
NEXT

FOR i = 0 TO LENGTH(dates) - 1
	PRINT dates[i, HASH_KEY] + "<#TAB>" + dates[i, HASH_VAL]
NEXT
結果
プレーンテキスト
2020/12/05	78
2020/12/06	60
2020/12/07	72
2020/12/08	82
2020/12/09	75
2020/12/10	91
2020/12/11	82
2020/12/12	77
2020/12/13	63
2020/12/14	71
2020/12/15	104
2020/12/16	84
2020/12/17	80
2020/12/18	93
2020/12/19	78
2020/12/20	66
2020/12/21	67
2020/12/22	75
2020/12/23	82
2020/12/24	73
2020/12/25	87
2020/12/26	73
2020/12/27	56
2020/12/28	65
2020/12/29	69
2020/12/30	44
2020/12/31	1
使用関数

特定の値を除くランダム値を取得

1行目の配列に取得しない値を格納した配列、5行目のRANDOMの引数が取得するランダム値の範囲、今回の場合0~19の範囲です。8行目のLENGTH関数でランダム値を格納した配列のサイズを取得し、10個になったら終了。

UWSC
DIM exclude[] = 0, 5, 8, 9, 14, 15
DIM array[-1]

WHILE TRUE
	DIM n = RANDOM(20)
	IF inArray(n, exclude) THEN CONTINUE
	arrayPush(array, n)
	IF LENGTH(array) = 10 THEN BREAK
WEND

FOR item IN array
	PRINT item
NEXT
結果
プレーンテキスト
16
17
18
11
3
17
11
10
3
12
使用関数

今年の恵方を求める

恵方は西暦の下1桁の数字で決まるので、その値で条件分けをします。

UWSC
DIM year = getYear(today())
DIM y = COPY(year, LENGTH(year))

SELECT y
	CASE 0;		PRINT "西南西微西"
	CASE 1;		PRINT "南南東微南"
	CASE 2;		PRINT "北北西微北"
	CASE 3;		PRINT "南南東微南"
	CASE 4;		PRINT "東北東微東"
	CASE 5;		PRINT "西南西微西"
	CASE 6;		PRINT "南南東微南"
	CASE 7;		PRINT "北北西微北"
	CASE 8;		PRINT "南南東微南"
	CASE 9;		PRINT "東北東微東"
SELEND
結果
プレーンテキスト
西南西微西
使用関数
解説

関連記事

CALCARRAY関数 (スクリプト関数)
配列の合計値・最小値・最大値・平均値を求めます。
GETALLWIN関数 (スクリプト関数)
全ウィンドウのIDを取得します。
GETOLEITEM関数 (スクリプト関数)
JOIN関数 (スクリプト関数)
引数に指定した配列を結合し文字列を返します。
SETCLEAR関数 (スクリプト関数)
配列のすべての要素を任意の値で埋めます。
SHIFTARRAY関数 (スクリプト関数)
配列を指定した値だけシフトします。プラス値で後方、マイナス値で前方にシフトします。
連想配列
連想配列とは、自動的に割り当てられる数字をキーとして持つかわりに、自由に任意の文字列を割り振ることができる配列のことです。添え字に番号の変わりに名前をつけることでわかりやすく管理することができます。
divisors関数 (自作関数)
引数に指定した数値の約数のリストを返します。
POPUPMENU関数 (スクリプト関数)
ポップアップメニューを表示し、引数に指定した配列の中から選択された項目の要素番号を取得します。選択された項目を取得したい場合は、POPUPMENUの戻値を引数に指定した配列の要素番号として指定します。
Collatz関数 (自作関数)
コラッツ数列 を求め結果を配列で返します。