POWERパワー関数

本ページには広告が含まれています。

数値のべき乗を求めます。

構文
  1. Double = POWER( Base, Exponent )
引数
Base (Integer)必須
Exponent (Integer)必須
指数
戻り値
BaseのExponent乗(\(Base^{Exponent}\))の値を返す

べき乗

同じ数を繰り返し掛けたものをべき乗といい、aをn回掛けたものを\(a^n\)と表記します。

このとき\(a\)を底、\(n\)を指数といいます。

例えば2を10回掛けたものは以下のように表します。

\[\underbrace{2 \times 2 \times 2 \times 2 \times 2 \times 2 \times 2 \times 2 \times 2 \times 2}_{10個}=2^{10}\]
UWSC
PRINT POWER(2, 10)

負の指数も使えます。

\[a^{-n}=\frac{1}{a^{n}}\]

\(2^{-3}\)は以下の様に表します。

\[2^{-3}=\frac{1}{2 \times 2 \times 2}\]
UWSC
PRINT POWER(2, -3)

べき根(累乗根)

べき根は分数で表します。

\[\sqrt[n]{x}=x^{\frac{1}{n}}\]
UWSC
POWER(x, 1/n)
\[\sqrt[12]{2}=2^{\frac{1}{12}}\]
UWSC
PRINT POWER(2, 1/12)
結果
プレーンテキスト
1.0594630943593

プログラム実行例

ルートの中を簡単にする

\(\sqrt{450000}\)の450000を素因数分解してルートの外に出せる値を外に出す。
UWSC
HASHTBL root

DIM num = 450000
DIM arr = primeFactorization(num)

FOR item IN arr
	root[item] = root[item] + 1
NEXT

DIM a = 1, b = 1

FOR n = 0 TO LENGTH(root) - 1
	IF INT(root[n, HASH_VAL] /  2) <> 0 THEN a = a * POWER(root[n, HASH_KEY], INT(root[n, HASH_VAL] /  2))
	IF (root[n, HASH_KEY] * (root[n, HASH_VAL] MOD 2)) <> 0 THEN b = b * (root[n, HASH_KEY] * (root[n, HASH_VAL] MOD 2))
NEXT

PRINT "√(" + num + ")=" + IIF(a <> 1, a, "") + IIF(b <> 1, "√(" + b + ")", "")
結果
プレーンテキスト
√(450000)=300√(5)
使用関数
解説

ランダムなサイズのファイルを10個生成

UWSC
FOR i = 0 TO 10
	DIM cmd = "CD C:\Users\Owner\Desktop\Folder & fsutil file createnew textfile%val%.txt " + RANDOM(POWER(10, 5))
	PRINT DOSCMD(REPLACE(cmd, "%val%", i))
NEXT

MSGBOXの種別の数値から表示されるボタンを取得

UWSC
HASHTBL type

type[BTN_YES] = "はい"
type[BTN_NO] = "いいえ"
type[BTN_OK] = "OK"
type[BTN_CANCEL] = "キャンセル"
type[BTN_ABORT] = "中止"
type[BTN_RETRY] = "再試行"
type[BTN_IGNORE] = "無視"

DIM num = INPUT("数値を入力してください。")

IF VAL(num) = ERR_VALUE THEN EXIT

PRINT num
PRINT "----------"

FOR n = 0 TO 6
	IF (num AND POWER(2, n)) <> 0 THEN PRINT type[POWER(2, n)]
NEXT

MSGBOX("以下のボタンが表示されます", num)
結果
プレーンテキスト
22
----------
キャンセル
はい
中止

関連記事

ABS関数 (スクリプト関数)
引数の絶対値を求めます。
ARCCOS関数 (スクリプト関数)
引数の逆余弦を求めます。
CEIL関数 (スクリプト関数)
正の方向へ切り上げた数値を返します。
LN関数 (スクリプト関数)
自然対数を求めます。
LOGN関数 (スクリプト関数)
常用対数を求めます。
ZCUT関数 (スクリプト関数)
マイナス値を0にして返します。プラス値はそのままの値を返します。
isOdd関数 (自作関数)
奇数かどうか調べます。
radToDeg関数 (自作関数)
弧度法から度数法に変換します。
degToRad関数 (自作関数)
度数法から弧度法に変換します。
ARCSIN関数 (スクリプト関数)
引数の逆正弦を求めます。