ROUNDラウンド関数

本ページには広告が含まれています。

指定した位置で偶数丸めした値を返します。四捨五入する場合は、roundOff関数 (自作関数)を使います。

構文
  1. Double = ROUND( 数値, Digit )
引数
数値 (Integer)必須
偶数丸めする値
Digit (Integer = 0)省略可
丸め桁位置、負で小数点方向
戻り値
Digitの位置で丸めた値を返す

偶数丸め

偶数丸めとは、端数が0.5未満なら切り捨て、0.5よりも大きければ切り上げ、0.5の場合は丸めた結果が偶数になる方へ丸める方法のことです。奇数+0.5ならば切り上げ、偶数+0.5ならば切り捨てます。四捨六入または五捨五入といいます。

Digit

\(10^{Digit-1}\)の位で偶数丸めし\(10^{Digit}\)の位までの値を表示します。

Digitを省略した場合、0を指定したことになります。

Digitが0の場合、小数点以下を偶数丸めし整数を返します。

Digitが負の値の場合、小数点以下\(|Digit|\)桁で表示されます。

使い方

Digitを省略しているので、丸めた値は整数になります。

UWSC
PRINT ROUND(5334.63)
結果
プレーンテキスト
5335

負の値の場合、符号を無視し正の値を丸めるときと同じ値になります。

UWSC
PRINT ROUND(-213.6)
結果
プレーンテキスト
-214
UWSC
FOR i = -5 TO 5
	PRINT ROUND(1234.56789, i)
NEXT
結果
プレーンテキスト
-5	1234.56789
-4	1234.5679
-3	1234.568
-2	1234.57
-1	1234.6
0	1235
1	1230
2	1200
3	1000
4	0
5	0

プログラム実行例

指定したファイルのサイズを取得

UWSC
DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
DIM path = Excel.GetOpenFilename()

IF path <> FALSE THEN
	DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
	DIM File = FSO.GetFile(path)
	WITH File
		PRINT "名前:" + .Name
		PRINT "パス:" + .Path
		PRINT "サイズ:" + ROUND(.Size / 1024) + "KB"
		PRINT "種類:" + .Type
	ENDWITH
ENDIF
結果
CSV
名前:     service.txt
パス:     D:\Documents\service.txt
サイズ:   44KB
種類:     テキスト ドキュメント
使用関数

sin30°の値を求める

UWSC
PRINT ROUND(SIN(degToRad(30)), -2)
結果
プレーンテキスト
0.5
使用関数

cos45°の値を求める

UWSC
PRINT ROUND(COS(degToRad(45)), -2)
結果
プレーンテキスト
0.71
使用関数

tan60°の値を求める

UWSC
PRINT ROUND(TAN(degToRad(60)), -2)
結果
プレーンテキスト
1.73
使用関数

Cドライブの空き容量を割合で取得

Cドライブの空き容量を小数点以下第2位までの百分率(単位:%)で出力します。

UWSC
DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
DIM Drive = FSO.GetDrive("C")

WITH Drive
	PRINT ROUND(.FreeSpace / .TotalSize * 100, -2) + "%"
ENDWITH
結果
プレーンテキスト
19.47%
使用関数
解説

関連記事

CEIL関数 (スクリプト関数)
正の方向へ切り上げた数値を返します。
INT関数 (スクリプト関数)
小数点以下を切り捨てた値を返します。負の値の場合、正の値のようにより小さい値にではなく0に近い側に切り捨てされます。
ABS関数 (スクリプト関数)
引数の絶対値を求めます。
ARCCOS関数 (スクリプト関数)
引数の逆余弦を求めます。
LN関数 (スクリプト関数)
自然対数を求めます。
LOGN関数 (スクリプト関数)
常用対数を求めます。
ZCUT関数 (スクリプト関数)
マイナス値を0にして返します。プラス値はそのままの値を返します。
isOdd関数 (自作関数)
奇数かどうか調べます。
radToDeg関数 (自作関数)
弧度法から度数法に変換します。
degToRad関数 (自作関数)
度数法から弧度法に変換します。